保育士の資格はこうやって取得できる

保育士の資格はこうやって取得できる

保育士の資格ってなに?

保育園などの施設で働くとなった場合、保育士の資格を持っている必要があります。しかし、保育士の資格をまだ持っていないという人はどのような資格なのかぼんやりとしか分かっていないという人も少なくありません。保育士というのは、国家資格の1つである保育士資格を持っており、都道府県知事に登録をした人がなることができるものです。保育士は、保育所などで保護者の代わりに子供たちの保育を行うというのが主な仕事内容になっています。

幼稚園の先生と保育士の違いがよく分からない人も多いのではないでしょうか?この2つには大きな違いがあります。まず、幼稚園教諭の管轄というのは、文部科学省で保育士の管轄は厚生労働省であるという点です。また、保育する年齢層にも違いがあります。保育士の場合、対象年齢は0歳児から就学前までと非常に幅広いのに対し、幼稚園教諭の場合は幼稚園に入れる年齢の子供なので3歳から就学前となっています。

さらに、保育士の仕事というのは児童福祉施設で働くわけですから仕事内容的には福祉の仕事ということになります。また、子供の教育というよりは、子供の保育を行うということが一番重視されている仕事です。それに対して幼稚園教諭の場合は保育園より幼稚園の方が教育を目的にしている施設であるということからも、子供の心と体の発達を助ける場所です。保育だけではなく、成長を促す場を与え子供に教育を行っていくことが重視されています。保育士になりたいのであれば、まずは保育士の資格から取得しなければいけません。


◎ピックアップサイト〜保育士を目指す方へ〜◎
保育士の仕事に就きたい場合は、児童福祉施設の求人情報を探すのが良いでしょう。保育士を目指す方へ向けた求人情報を掲載している「保育ぷらす+」というサイトがありますので、ご紹介します ⇒ 「保育ぷらす+」