保育士の資格はこうやって取得できる

保育士の資格はこうやって取得できる

学校で取得

保育士の資格を取得するための方法の1つとして挙げられるのが、専門の学校で学ぶという方法です。専門学校から短期大学・4年生大学などさまざなな学校の中から選ぶことができます。学校で教育を受けるメリットは、なんといってもしっかりと知識や技術を身に着けることができるという安心感でしょう。

また、学校で勉強をする場合学校を卒業すると同時に保育士の資格を取得することが可能ですから、卒業後すぐに保育士として働くことができるというメリットもあります。学校には、指定校と併修校の2つがあります。指定校は厚生労働省と文部科学省の指定を受けている学校で、併修校というのは厚生労働省の指定のみを受けています。

指定校の場合は、卒業後に保育士と幼稚園教諭の資格を取得することができるので選ぶ仕事の幅が広がるという点があります。併修校の場合は取得できるのは保育士資格のみで幼稚園教諭の免許も取得したい場合は、資格を取得するための教育課程を受けなければいけません。学校で勉強をする道を選択したいという場合は、取得できる資格なども考えてどちらにするか選ぶと良いでしょう。保育士の資格のみの取得を目指すのであれば、指定校ではなく併修校でも問題はありません。